2017年02月

              
        

<お昼ごはん>

category -
2017/ 02/ 14
                 
お昼ごはんを用意するのが好き
 
義母、夫、次男嫁、私の4人分だったり 夫と2人分だったり
おひとり様の時も・・・


一切れだけ残っていた 焼き塩鯖で「混ぜ寿司」
お昼ごはん
ご飯を温めて 作り置きの寿司酢を加え酢飯を作る 
焼き塩鯖は温めて 小骨を取って身をほぐし酢飯に混ぜる
青しその千切りと炒りごまで香り良く
「大根と鶏ハムのサラダ」「青菜のおひたし」を添えて


白菜漬、豚こま少々、キムチだれ、で「豚キムチ炒飯」
お昼ごはん
豚こま肉、白菜漬、青菜のお浸しの残りを刻んで炒める 
キムチだれで味付けしたら 温めたご飯を加える
石焼ビビンバ風に焦げ目がついたら 溶き卵を流し入れ火を止める
青ネギと焼き海苔をトッピング


買い置きの豚肉切り落としを使って「生姜焼きランチ」
お昼ごはん
冷蔵庫の常備品「酢生姜」「スライス玉ねぎのドレッシング漬」
「自家製かえし」で チャチャッと 豚肉の生姜焼き
加熱すると酢の酸味は飛びコクと旨味が倍増
「雑穀ごはん」「千切りニンジンのサラダ」


半端に残っていた鶏ハムで 「オムライス」
お昼ごはん
残りご飯が少なくて3人分できるかしら?って時は
キャベツでカサ増し
青菜のおひたし 味噌汁 果物を添えて



次男嫁が買ってきたトムヤムクンペーストで「エスニック雑炊」
お昼ご飯
パプリカ炒めに水を加えて ペーストを溶いてベースを作る
温めたご飯を加えたら サラッとかき混ぜて完成
サニーレタスと水菜のサラダを天盛り
辛い 酸っぱい シャキシャキ を楽しむ

トムヤムクンペーストを使って 2
即席ラーメンを 「トムヤムクンラーメン」に
お昼ご飯
添付のスープは使わず トムヤムクンペーストと
手羽先のオーブン焼きをほぐしてスープを作る
麺は別鍋で硬めに茹でる  「もやしサラダ」をトッピング


朝食も夕食も楽しいけれど お昼は自由さがあってイイ
写真を撮る余裕もあるし・・・
冷蔵庫の整理を兼ねて 新しい発見もあって これも日々の楽しみ




8 人参に力を借りて色を足すキッチン整理の昼餉の支度
                         
                                  
        

<花を飾る 2>

category -
2017/ 02/ 10
                 
うっすら積もった雪は溶けたけれど 小雪が舞い続ける寒い寒い日

先日の誕生日 奈良のマリ子から届いた 個性的な花は
素敵な鉢に植えられた初めて見るサボテン  お名前は? 


キュートな ピンクや黄色の花たちと組み合わせるより
クールに大人っぽいディスプレィにしてみよう と
花屋さんのように
庭から 様々な花、枝、葉を採ってきて 一緒に並べてみる


玄関のドアを開けたら 真正面にクールなコーナー  の 完成
花屋さんのように
ちょっと 雑貨屋さんっぽくて わたし的にはお気に入り


花が咲いた後の花殻、雑草、生垣の枝や葉っぱ
花器も 空き瓶や空き缶など 工夫すると 暮らしが楽しい






7 小雪舞う寒さの中に新芽見ゆ春遠からじと庭のさざめき
                         
                                  
        

<花を飾る>

category -
2017/ 02/ 10
                 
大寒波がやってきた 朝起きたらうっすらと雪景色 

春はまだまだ先のこと
花を飾って春を待つ日々


今、我が家は先日の私の誕生日の花があちらこちらに
玄関入ってすぐ 窓越しのウッドデッキ 
花を飾る
写真を撮ってたら ラテがトコトコ



テーブルセッティングに使った菊の花は ガラスの皿に浮かべて
花を飾る
白い皿を重ね アイビーをひと枝  



玄関のドアの前には花束を解いたチューリップ
花を飾る
外から帰ってドアを開ける前 飾った花を見てフッと嬉しくなる



この時期 花は外に飾ると長持ち



道ゆく人の目も楽しませて 花はキリッと咲いていてくれる



昨年秋 スーパーで見つけた「ナデシコ」の苗
花を飾る
亡くなった義父が好きだったなぁ・・・
懐かしくなって 赤やピンクなど 4ポットを購入
黄色のビオラと寄せ植え これから春に向けて咲き誇るのが楽しみ




花は おしゃれな花屋さんのように飾りたい派
花を飾る
色のバランスとか 迷って悩んでしょっちゅう配置換え



丸い素焼きの鉢には秋に植えたたくさんのチューリップの球根
一緒にラナンキュラス、ビオラ、オキザリスを寄せ植え


百花繚乱となるのは二ヶ月ほど先でしょうか



6 窓越しの陽の温さ有り午後三時本に落とした視線まどろむ


                         
                                  
        

<観劇 和服 非日常 トーテム編>

category -
2017/ 02/ 08
                 
今年の私の誕生日 自分へのプレゼントは
シルクドソレイユ 「トーテム」チケット

昨年の大地真央さんのお芝居に続き今回も和服
非日常を楽しむ 非日常の装い
和服コーディネート
グレィの大島紬に 黒地の道行コート バッグもモノトーン
春らしく差し色はピンク
大好きな更紗模様の帯 サーモンピンクの帯揚げ 帯締め 
ショール 草履は 前回と同じ 


とてもよい席が手に入り 夢のような感動の時間
トーテム
すごい‼︎ とか 素晴らしい‼︎ とか  
たくさんの賞賛の言葉はあるけれど

美しい‼︎

という言葉が 観ている間中 私の頭の中をグルグル回っていた

演者の方々の美しいパフォーマンスに魅せられっぱなしの
2時間余り
トーテム
平日のお昼にもかかわらず 満席
グッズ売り場も賑わっていて 観ているだけでも楽しい



和服のコーディネートも お出かけの楽しみ
義母の親戚からのお譲りの着物がたくさんあるので活用したい






5 息を呑む演者の動きの美しき拍手喝采鳴りやまずして
                         
                                  
        

<1月31日のこと>

category -
2017/ 02/ 03
                 
ぽかぽかと春のような日 暖かくて洗濯日和

1月31日は私の誕生日でした
次男夫婦から外食の提案もありましたが
私、お家ご飯が好きなので 今年も自分で作りました
 
毎年誕生日に 自分のために買う大好きなチューリップ
誕生日 
今年はピンク  

ケーキは保育園から帰ったおチビちゃんがデコレーション
誕生日
「バァバのお顔」とチョコペンでお絵かき

まずはテーブルセッティング ピンクでまとめようと
ピンクの濃淡のジュリアンのポット苗 クラフト紙でカバーして 
誕生日
スプレー菊のピンクと紫 花だけをテーブルに散らす
お約束のキャンドルでキラキラ感


「鯛の中華風刺身」
誕生日
揚げワンタンの皮、砕いたピーナツなどで 食感も楽しいメニュー

「セサミチキン」
誕生日
手羽中をこんがり揚げたら甘辛いタレを絡めてゴマをたっぷり


「蒸しエビの香りネギソース」
誕生日
小口切りのネギに煙が出るほど熱した油を注ぎ 
醤油と水を加えたタレ


乾杯はCAVA
誕生日
先日帰省していた長男夫婦が買ってきてくれたもの

スパークリングの後は三男が持参した赤ワイン
誕生日
BAROLO 2007年 
高そう・・・って盛り上がり美味しくいただきました

「ちらし寿司」「イチゴ」「サラダ」
誕生日
誕生日

プレゼントの花、おチビちゃんが描いてくれた私の似顔絵
誕生日
花に囲まれる 幸せな一年にしたい


今年は新たなことに一歩を踏み出すことにしている
ここ数年温めてきたこと カタチにしたい


4 好奇心アンテナ更に感度良し歳を重ねて愉しさ増ゆる